夏川氏の座右の銘 (上)

あるカウンセリングの折に、
自分自身が人生をどう生きたいのかと、
夏川氏に質問をされました。
私は、あまりに壮大なテーマの質問が来たため、
何だか虚を突かれたような思いになりました。
しかし、このことを隠すことに一生懸命になった私は、
そもそも、
この問いに即答できる人はいないだろうと、
答えられないことの悔しさから、論点をズラすことが目的となり、
その結果、では質問したあなたは実際答えられるのかと、悔しさからの怒りによるカウンターを仕掛けることで、内容のダウサイジングを試みました。
といのも、私の予測では、質問した夏川氏は、逆に聞きかえされたことで、
シドロモドロになり、
誤魔化したり、
話を変えたりするだろうと、
これまでの歪んだ側面からの経験則で予測していました。
しかし、そんなじゃそくとは裏原に、
間髪いれづに、
返ってきた夏川氏の言葉に、
私は自分の耳を疑いました。

つづく...

[PR]
by inunosin | 2017-03-23 08:18 | カウンセリング中の思い